本文へスキップ

その他トラブルNEWS&FAQ

 

冷凍庫(れいとうこ)しかないのに、飼い主さんに「冷蔵庫(れいぞうこ)に遺体を安置している」と伝える。

人間は冷凍を行いません。冷凍を行う葬儀社は、事前に飼い主さんの了解がなければ絶対に行ってはいけません。
 これは詐欺です。もし飼い主さんにこのようにお伝えし、金銭を得ていた事実があったならば、これは立派な詐欺です。数年前に起こった埼玉県ペット遺体遺棄事件の犯人も詐欺罪で立件されています。

 長年に渡りこのようなことが
組織的に行われていたのであれば、法の下で裁かれなければなりません。

 何より
飼い主さんが冷凍されたご遺体を見て、どう思うのでしょうか?憤りを通り越して言葉が出ないはずです。

 冷凍すると肉体の組織細胞が破壊される、火葬時間も長引く等は、容易に想像できることです。にも関わらず、ペットの遺体に尊厳を持たないといけないペット葬儀社が、冷凍行為を行っていた事実が過去にあったのであれば、ペット葬儀社としての資格はありません。

※ちなみに地域において、行政がペットの死体を焼却しているところがありますが、法律上一般廃棄物に該当するため、
多くが巨大な冷凍庫で保管しています。必ず事前にご確認下さい。


「葬儀社までご遺体を持って行く」と伝えたが、「◯分だけ説明をさせてもらえないか?」等、どうしても自宅まで来たがり、結局車に積んでお経のテープを流し、ご遺体を引き取っていった。


 通常、施設に自信がある葬儀社は、足を運んでもらい施設内を見て頂きたいと考えるでしょう。また葬儀社によるトラブル、問題が囁かれる昨今は、葬儀場、火葬場、納骨場を目視による確認を行うのがベストです。しかしこの葬儀社のように自宅まで行きたがる葬儀社の背景には何かあるはずです。

 数年前に起こった埼玉県ペット遺体遺棄事件の犯人も、火葬場を設けていなかったことから、自宅まで行き、
ワゴン車の後ろでお経のテープを流し、引き取るという葬儀方法を行っていました。


葬儀の電話受付で、タウンページに書かれている何社かに電話かけたが、全部同じ人が出てくる。


何社かあるかのように見えますが、すべて私が転送で受けていますよ!
 他の業種ではあまり考えられませんが、このペット葬儀社業界は未だ法規制がないため、このような悪質な現象が起こります。電話番号、フリーダイヤル番号を複数持ち、タウンページなどの電話帳にあたかも何社かあるかのように見せかけ、たくさん人がいるかのようにみせかけ、実は転送電話で1ヶ所に飛ばし、同じ人間が出るという手法です。

(電話帳の他にはインターネットの世界でも同じようなことが行われています。)

 良く住所を見ますと、同じ住所だったりすることもあります。

inserted by FC2 system